低金利ローンの借り換え!安心の楽天銀行スーパーローンなら失敗しない

楽天銀行スーパーローンなら安心して借り換えローンが組めます

楽天銀行カードローン

 

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行のカードローンで誰もが知っていて安心でき、しかも低金利でおまとめローン借り換えローンとして大人気です。借り換えローンを利用すれば、毎月の返済計画も立てやすくなります。以下はその一例です。

A社 金利15% 80万円借り入れ
B社 金利10% 120万円借り入れ

 

↓↓↓ 借り換え!

 

楽天銀行スーパーローン 年利6.9% 200万円借り入れ

実質年率

最大限度額

融資スピード

総量規制

1.9%〜14.5%

800万円

最短即日

対象外

 

楽天銀行スーパーローン 借り換え

 

借り換えローンとは?

楽天銀行スーパーローン 借り換え

借り換えローンというのは、新たなローンを組み現在のローンを全額返済して、現在組んでいるローンより有利な条件で借入金を返済していく方法のことです。

 

現在のローンより低金利であれば、利息が減った分、返済額が少なくなるからです。具体的には、住宅ローンの借り換えなどがあります。

 

住宅ローンは借入額が大きいので、少し金利が低くなっただけでも返済総額は大きく変わるからです。多くの場合、住宅金融公庫などの公的融資機関の金利は民間金融機関より低いものですが、それよりもさらに低い金利の民間の金融機関があればローンの借り換えをすることができます。しかし、あらかじめ民間の金融機関で住宅ローンを組んでいた場合は公的融資機関への借り換えをすることはできません。

 

また、住宅ローンの借り換えをする際に行われる担保評価は、新築時の担保評価ではなく現在の担保評価になりますので、初めのローンを組んだ時よりも担保評価が低くなる場合がほとんどです。もちろん、土地の購入費用は、社会状況に応じて変化するものですので、住宅ローンを組んだ時よりも土地の値段が上がっていれば担保評価額も変わってきます。

 

また、住宅ローンの借り換えをする際には、初めてローンを組んだ時にかかったのと同じ程度の費用がかかります。

 

主な費用は、借入額が1,000万円〜5,000万円以下の場合には2万円、借入額5,000万円〜1億円以下の場合には6万円の契約書貼付印紙税、およそ3万円程度の事務手数料、保証料、抵当権設定費用と司法書士への報酬、一括返済の手数料、抵当権抹消費用などで、借入金額によって変わりますが、2,000万円の借り入れで50万円程度、3,000万円の借り入れで80万円程度必要です。

 

カードローンの借り換えローンの場合も、住宅ローンのように大きな額ではありませんが、低金利のカードローンに借り換える方が返済総額を減らすことができます。

 

楽天銀行スーパーローンの他にもみずほ銀行、三井住友銀行、オリックス銀行など多くの金融機関で低金利フリーローンのサービスを提供しており、金利が低いということの他にも限度額の大きさや、その銀行ならではの優待など様々な特徴がありますので、自分に合ったフリーローンを選ぶようにしましょう。

 

特に複数のカードローンを抱えている場合には、返済総額だけではなく、返済の管理も楽になります。カードローンの借り換えの場合は、銀行に出向く必要はなく、インターネットで借り換え審査を終了させることもできますので、審査終了後、発行されたカードで元のローンを一括で返済することできます。

 

借り換えローンを利用する場合には、金利、借り入れ限度額、返済方法を比較し、総体的に見て新たなローンにした場合に返済総額はどの程度減額されるのかを計算します。月々の返済額ばかりを比較して楽な方を選ぶとすると、長期的に考えた場合に返済総額が大きくなってしまいますが、月々の返済額を大きくすると返済が困難になってしまうこともありますので注意しましょう。

 

おすすめサイト紹介

 

「フリーローン」とは、住宅ローンやビジネスローン、車のローンのように、原則として使用目的が限定されていないローンであり、さまざまなシーンで利用することができます。そのため、冠婚葬祭や事業資金、複数社の借り入れを一本化するなど、自分の自由に資金利用をすることが可能です。

低金利フリーローンを徹底比較!安心して借りれる会社はここ!